単身引越し

一人暮らしや荷物が少なければ単身パックを上手に活用しよう!

一人暮らしの引越の際に助かるのが単身パックです。

コンテナ便や混載便での輸送になるため運賃の節約につながります。

 

各引越し業者は今では単身パックのサービスを提供しており、一人暮らしのちょっとした引越には対応することができます。

 

 

この単身パックは大手でいえば、

 

  • 日通や
  • クロネコヤマト、
  • また佐川が有名です。

 

たとえ同じ荷物量を運んでもらう場合でも、この3社だけでも料金が違います。

金額以外にboxの大きさや、割引料も異なるので比較が重要です。

 

また、一般的な単身パックの運べる量はどれほどなのでしょうか。

 

ベットなどの長いものを含め、身の回りの衣類、生活用品、さらには机などほとんどのものを運ぶことができます。

(パイプベッドのような簡易ベッドは運べても、セミダブルのマットレスは大きいコンテナを利用した日通の単身パックXでしか運べません。)

 

また、家電も大きさによっては運ぶことができますが、洗濯機や冷蔵庫などすべてのものを運ぼうとすると、容量がいっぱいになってしまいます。

 

もし可能であれば、家電は引越先で購入することも視野に入れて下さい。

 

そうすることによって、運ぶ荷物を減らすことができます。
(荷物が減れば引越し料金は安くなります。)

 

また、自家用車で荷物を運べるのであれば、ダンボールなどは自家用車で運ぶようすることによって、運びにくい家電を業者に任せることができます。

(大型家財のみを業者に任せる節約方法もあります。)

 

少量の荷物であれば、単身パックもお勧めですが、赤帽や中小の企業でも安く運べる会社が存在します。

 

大手の業者に見積もりを出してもらうのと同時に、他の引越し業者でも単身の引越しに強い(安くできる)業者もありますので、多くの見積もりを出してもらって下さい。

(引っ越しの見積もりは無料なので、大手と併せて知らない業者も含めるのが料金を安くするコツです。)

 

単身パックと他のプランを組み合わせ、上手に利用することによって一人暮らしの引越を安くスムーズに行うことができるのです。